スプレッド

スプレッドっていう言葉を、聞いたことがありますか?

FX取引において、「スプレッド」っていうのは「広がり」を意味するもので、一般にはあまりなじみのある言葉ではありません。

よく、テレビのニュースなんかで「現在、ニューヨークの為替市場は、1ドル、110円10銭から20銭で取引されています。」っいう外電を聞いたことがあると思いますが、この10銭から20銭の幅が「スプレッド」です。

この10銭から20銭というのは、この間を動いていますよ。ということではなく、今現在1ドルを買いたい人は「110円20銭必要です」また、1ドルを売りたい人は「110円10銭なら買いますよ。」
ということをあらわしています。この幅10銭のことを「スプレッド」と呼びます。

そして、FX(外国為替証拠金取引)におけるスプレッドは、各外国為替証拠金取引業者が自由に決定する事ができるようになっており、何銭のスプレッドをとっているのか?ということはキチンと公開しています。

当然ですが、このスプレッドの幅が小さければ小さいほど、私たちFX取引する者にとっては有利になります。

そのため、このスプレッドはFX取引において「手数料」と並んで非常に重要な意味をもっていますしFX業者を選ぶ際にはここにも注目して選択する必要があります。ひらめき
この記事へのコメント
押し後残します
Posted by 人妻 at 2008年01月26日 17:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。