ロスカットについて

今日は、ロスカットについてです。

FX(外国為替証拠金取引)は元本保証の商品ではなくハイリスク、ハイリターンな商品です。。

FXの特色であるレバレッジをかけた状態では、急激に相場が変動し自分のポジションと反対の動きになった場合、大きな損失を被ることになります。
その損失をなるべく抑えるためのしくみが自動ロスカット(強制ロスカット)です。

ロスカットは、できればやりたくないことですし、仕方なしという処置です。

自動ロスカットは、証拠金の20%から30%を下回ることで「ロスカット」で自動的に決済するFX業者が多いようです。

ロスカットは強制的におこなわれるものや、警告の連絡やメールを送るところがなどその対応は会社によってさまざまです。

自分にとってどのような処置をしてくれるところがベストなのか単に手数料だけで判断するのではなく、よく考えて取引会社を選ぶ必要があります。

具体的には

証拠金が10万円で、1ドル=115円のとき1万ドルを買うと
115円×10,000ドル=1,150,000円

これが1ドル=102円になると

110円×10,000ドル=1,020,000円

証拠金10万円に対して8万円の評価損となり、自動ロスカットが行われます。(自動ロスカットが20% の場合)

先ほども言ったように、一度も行われて欲しくないルールですが、証拠金以上の損失にならないリスク管理といえるでしょう。 がく〜(落胆した顔)


この記事へのコメント
押し後残します
Posted by 人妻 at 2008年01月26日 17:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53265300

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。