スワップ金利について

FX(外国為替証拠金取引)の魅力のひとつに、スワップ金利なるものがあります。

私も、はじめその言葉を聴いたときに、「スワップ金利? なんかあやしいなぁ」って感じたんですけどよくよく聞いてみると、今の日本の預金のようにさっぱり金利のつかない国なら逆にメリットがあるなっと感じました。

スワップ金利とは、通貨同士の金利差による利息のことで、低金利通貨で高金利通貨を買うとスワップ金利による利益を得ることができるというものです。

日本円は世界でも最も低金利な通貨のため、日本円で他の通貨を買う場合は大抵スワップ金利を得ることになります。

例えば、米ドルを1万ドル分、日本円で買った場合、1日約150円程度のスワップ金利による利息が発生します(※金額は金利の変動やFX取扱会社により異なる)

 毎日約150円ですから、1ヶ月間保有すれば、利息だけで約4〜5千円。1年間なら約5万円と、利息だけでも普通預金とは比較にならないほどの利益が発生します。

FXの人気の秘密は、このスワップ金利にあると言ってもよいほどです。

 しかし、低金利通貨を高金利通貨で買ったり、売りから入る取引の場合など、金利差による利息が逆に毎日損益として発生する場合もあります。

 また、一般的にはスワップ金利による利益よりも、為替レートの変動による利益や損失の方が大きいため、スワップ金利による利益を狙う場合も、為替レートの変動には常に注意する必要があります。

この記事へのコメント
押し後残します
Posted by 人妻 at 2008年01月26日 17:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53137291

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。