為替ってどうして動くの?

為替が動く理由は、世の中すべての動きによって左右されます。

政治的な理由もあれば、経済的な理由もあれば、投資家の動きもあれば、農業生産国のように穀物の先物価格に影響を受けたり、その要因はひとつではありません。いろいろな要因が複雑に絡み合って値が動いています。

しかし、主な要因は次の3つと言われています。
「通貨の金利」「国の赤字」「トレンド」の3つです。

通貨の金利とは、金利が高い通貨は買われやすい。身近な例では、A銀行が1%、B銀行が5%ならば、多くの人はB銀行に魅力を感じ、お金を預け入れます。それと同じ理屈です。

国の赤字とは、赤字を抱えている国の通貨は売られやすい。身近な例では、A企業は毎年赤字、B企業は毎年黒字ならば、多くの投資家はB企業の株を買いそして株価は上昇します。それと同じ理由です。

トレンドとは、過去買われている通貨は買われやすいといった、人の心理にもかかわってきますが、専門用語での1つです。
身近な例では、CMなどで、頻繁に目にしているなじみの商品と全く聞いたこともない商品、どちらが今後売れるかを予想するならば、CMの商品が売れそうです。それと同じ理由です

スプレッド

スプレッドっていう言葉を、聞いたことがありますか?

FX取引において、「スプレッド」っていうのは「広がり」を意味するもので、一般にはあまりなじみのある言葉ではありません。

よく、テレビのニュースなんかで「現在、ニューヨークの為替市場は、1ドル、110円10銭から20銭で取引されています。」っいう外電を聞いたことがあると思いますが、この10銭から20銭の幅が「スプレッド」です。

この10銭から20銭というのは、この間を動いていますよ。ということではなく、今現在1ドルを買いたい人は「110円20銭必要です」また、1ドルを売りたい人は「110円10銭なら買いますよ。」
ということをあらわしています。この幅10銭のことを「スプレッド」と呼びます。

そして、FX(外国為替証拠金取引)におけるスプレッドは、各外国為替証拠金取引業者が自由に決定する事ができるようになっており、何銭のスプレッドをとっているのか?ということはキチンと公開しています。

当然ですが、このスプレッドの幅が小さければ小さいほど、私たちFX取引する者にとっては有利になります。

そのため、このスプレッドはFX取引において「手数料」と並んで非常に重要な意味をもっていますしFX業者を選ぶ際にはここにも注目して選択する必要があります。ひらめき

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。